FC2ブログ
直視できないくらい後悔したっていいじゃない
考察<さいHOS>
さいHOS考察第二段。
前回は説明と考察が混ざって中途半端になってしまったのが反省点だと思います。
一応考察部分は語尾が「?」や「~らしい、~かもしれない」になってますが。

今回は出来事についての考察なので説明は大分少なくなると思います。
言うまでもなく主観も多くなるので、いつも以上にツッこみお待ちしてます。
(多分)時系列順に並べました。例のごとくネタバレで↓
創世記
第二の回想のハルナ編がそれにあたるのはラストバトルの会話でわかると思います。
春奈の祈りが現実のものとなった後、トオルが事故にあいましたが、
ヨウスケが「微笑みの像のせいで(春奈が)泣かされた」と言っているので
あの微笑みの像に呪いを吐くと自分に跳ね返るという言い伝えがあったのやもしれません。
それで春奈の気づかない内にトオルが呪詛返しの身代わりになって、てな風になって・・・
そしてトオルと春奈が心中した直後にさいはてが起動し始め、みんな生き返ったのでしょうか。
でもその時点ではまだ子供時代だし、何故あそこまで現実世界を嫌うのかがわかりません。

創世からどれくらい時間経ったのかも考察ポイントですよね。
開拓者3人は確実に不老ですけど、紳士の昼食会設立以来からいる持田さんがまだ生きているからせいぜい数十年しか経ってないとも考えられますが、彼も不老でも全然不思議じゃないのでもうちょっと考える必要があります。

ハロウィーン公爵とコーヒーテーブル騎士団
最強マホウ使いとサイハテの者率いる騎士団の対決。
サイハテの者は死亡しているので春奈ではなく、設定上の人物と考えるのが妥当か。
この時点から既に持田さんは「長月」と名乗ってたんでしょうか。
ここで出た後天的なマホウ使いの子供が地味に気になります。
案外今も生きてたりして。

ゲーム(映画)スタート
終盤トオルに見せてもらった映画がこのゲームだった何て・・・
あれってずっとトオルが撮影してたんでしょうか?
無限ループ臭もしましたがそんなことはなかったぜ!

春奈、商店街を出る
ゲーム中より未来の話かと思ったら過去だった話。
タグチとの会話ではまだ純粋さを見せていた彼女ですけど、
何かに気に病んで商店街を飛び出してしまいました。
一番考えられる原因はやっぱ創世記でしょうね。
ついでに作り物のさいはてで生活することを虚しいと感じたから2重人格まがいなことをしたんじゃないか、とトオルの言葉を抜粋。

その後記憶を一切なくしてサイハテハルナとして生きるのでした
設定がド貧乏なのは「償いのため」とトオルは言ってましたが、個人的にヨウスケが好きだった近所のお姉さんの影響も入ってるのではないかとも思ってます。

主人公さいはて入り
現実世界からこっちの住人に仲間入りした主人公。
持田さんは開拓者と重ねて受け入れOKしたわけですけど
案外さいはてを変えてくれることを期待してなかったわけでもなかったかも。
開拓者たちはこの出来事を知ってたのでしょうか。

追記
公式掲示板も踏まえたうえでの補足となっています。
持田さんは主人公を利用してさいはてに一石投じようとしたのですね。
これなら商店街でゴメちゃん先輩が言ってた「こうなることを予想してなかったとは思えない」というのも納得です。
この短い時間で
主人公さいはて入り→持田クビ→持田キリコに依頼→キリコ主人公に接触→最初のたきもと編開始となってたのは驚きです。
(追記終わり)

ハルナ旧水路に落っこちる
これが第一の扉を開けるきっかけとなってましたがこれは誰の意図だったんでしょう。
落とした後の会話から、メーガス三姉妹はこのときはまだ封印を解く
購買部もといトオルが「これでいいのだ」と吹き込んでその後姿を消したりしてましたが、ハルナを助けなかった理由はなんでしょう。

主人公キリコ追ってたら最上席に襲われていた
キリコは現実世界の住人と見込んで主人公に接触。
あの旧水路自体には何の意味もなかったけれど、主人公のあの行動自体が矛盾として扱われたんですね。
キリコの介入がなければハルナにも会ってなかったわけですし。
スペルでキリコを、乗り移った購買部で主人公を同時に襲ったと考えると何か大変そうだなあ。

ハルナ、家なき子に→通せんぼの樋口さん
恐らく購買部に誘い込み、主人公との更なる接点を作るというキリコの目論見だと思いますけど・・・。
でアレク輔に拾われて一晩明けた後、また自宅に向かおうとしたら樋口さんに足止めくらってましたね。
既に塗りつぶされた後でキャロ美らも見学しても無事だったというのに、あの行動は一体どんな意味があったのかまだわかりません。
塗りつぶされた家→行き止まりの世界に変化の際に何か起こる危険があったのでしょうか。

キリコの地図
キリコが間接的に地図をハルナに渡したワケとは?
作中では特に何の意味も成さなかった地図ですが、
自分はあの目印はさいはての出口を示してた派です。
宝と呼ぶには物じゃないからどうも・・・な気もしますけど。

SUSKE少年少女EXP始動
樋口さんがハルナを確保しようとして依頼したもの。
然るべき時に魔女の封印を解いてもらおうとしてたんですかね。
ヨウスケとトオルは・・・深く考えすぎでしょうか。

トイレ奪還大作戦
言わずと知れた流血沙汰事件。
あの声も今思えばトオルだったんでしょうね。
流血沙汰の原因は科学部の爆弾か、ハルナのマホウの暴走か、ただ単にトオルの得点稼ぎが目的か・・・!
もう一度イベント見る必要があるかもしれません。
トオルか主人公が血を元通りにしてましたがあれって「元にもどす力」だったのか。



プロローグまで完了。
けっこう筆が進むのはいいんですけど明日になっても直視できるか不安だったりしてます。
プレイ日誌終了後からあんま時間取れなくなってますけど引き続き頑張ります。
スポンサーサイト



【2009/02/17 21:51 】
フリゲ | コメント(1)
<<裏方作業とトオルの殺意ボルテージ | ホーム | さいHOS考察>>
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2016/02/08 18:49】
| | #[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |