FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
さいHOS考察
考察<さいはてHOSPITAL>
プレイ日誌無事終わったのでこれで思う存分考察&妄想を繰り広げられるのですが、さて何から話せばいいのやら・・・
とりあえず人物にそってやってみたいと思います。
覚悟OKな方はクリア前提で続きからどうぞ。↓
・紳士の昼食会以外のマホウ使い(イリーガルメイジ含む)

主人公
現実の世界からさいはてへ救いを求めてやってきた。
持田はそれを開拓者と重ねて、患者として受け入れる。
その際に記憶操作を行われているがそれ以後記憶操作が効いていない。
さいはての住人として安らかに過ごすはずが、キリコの介入によって徐々にさいはてに疑念を持つようになる。
それと同時に紳士の昼食会に狙われることとなる。
ハルナが町を出るとき、晴れて一緒に退院できた。
開拓者による記憶操作の直後や現実世界の記憶を取り戻したタイミングは不明。

キリコ
本名「サイハテ キリコ」。謎は多いが仲間思いのいいヤツ。
昔紳士の昼食会(商店街の番人)の一員だったことと、自分のコピーをほとんど殺害したという経歴を持つ。
商店街にいたとき、ずっとハルナを見ていた。
さいはてを否定したくて「これでいいのか?」と問いかけている内に離反者としてクビにされたのかもしれない。
その後(持田さんの依頼もあって)主人公を利用。ハルナを尚も否定することを促す。
塗りつぶす力を持ち、たびたびパーティに役立てている。
サイハテという姓を持っているが、理の魔女とどういう関係があるかは不明。
ED時キリコの人形が置いてあるイラストがあることから、実際に現実世界に何らかの形で存在していたかもしれない。
(帰還後にハルナが製作した可能性もあるが)

「ハルナを助けてくれる魔女」とかいう設定だといいなあ

メーガス三姉妹
魔王に何かの恩があって理の魔女の力で恩返ししようとするマホウ使い。
主人公たちを利用して理の魔女の封印を解こうとした結果、昼食会に目をつけられ長らく夢の世界に閉じ込められていた。
擬似塗りつぶす力「マ宵闇」を使える。
元ネタあり。

金に汚い天使
キリコや持田に雇われてたりしていた。姿を消せる。
イリーガルメイジか昼食会かは不明だが、名前通り本当に金に汚い天使と言いようがない。

玉藻
本名「玉藻 狐次郎」。
ハロウィーン公爵で野心高いマホウ使い。
不老不死のため封印されていたがゲーム中では普通にみあずま山に出没したりして、昼食会にマークされていた。
3度目の討伐で完全に消滅、敬意を表して自らの墓標に己を倒した人物の名前を刻み込む。
多分融通が利かない。




・開拓者
さいはてを作った張本人で現実世界の住人。
それゆえに作り物であるさいはてで暮らすのに後ろめたさを感じずにはいられないようだ。
面白おかしく過ごすため、さいはての住人としてのもう1人の自分(=2重人格まがい)を持っていた。
現実世界で起こったある事件がさいはての創世記として言い伝えられている。
最終的にトオルとヨウスケは開拓者の力を桃本に集中させ、桃本は現実世界に戻ることでさいはての崩壊を防いだ。

ハルナ
本名「桃本 春奈」。理の魔女。ヨウスケが好き。
自分を一番大切にし、やまなしおちなしいみなしを愛する少女。
創世記によるとトオルと無理心中されたらしいが、こうして生き返っているのを見ると「魔女の涙で生き返った」という話はまんざら嘘ではないかもしれない。
創世記の事件を引きずってか、商店街を飛び出して記憶と開拓者としての力を宝箱に封印する。
そして魔女の血を引く「サイハテの者」という設定の基、さいはての住人となる。
サイハテハルナとなった後も静かに暮らすことを好んでいたが、主人公との出会いを境に冒険を経て前向きな性格になっていく。

(成り行きで)3つの開かずの扉を開けることで理の魔女の封印を解いてしまい、桃本としての春奈が復活。
宝箱から出た後もネガティブな桃本を引っ張ってさいはてを出る。
現実世界に戻った後は1つになって自室に帰ったと考えるのが妥当?

ちなみに自身では気づいていないが、商店街を出る際にトオルから身を守る力を授かっており、それが自己防衛以外(仲間のため等)に使われると大変なことになる。

トオル
本名「オズ トオル」。オズの大マホウ使い。紳士の昼食会最上席。
ゲーム中姿を現さず主人公やハルナに話しかけていたのは恐らくみんなこの人。
さいはて最大の危険因子である主人公に並ならぬ殺意を持っている。
金髪ツンツンの購買部に乗り移ったり、自身の影を遠隔操作したりして主人公達を襲ったりもした。
さいはてに何かとこだわりを持ち、主張を語るのも彼の愛するハルナのためもあってかもしれない。
ハルナや主人公の頭に直接話しかけたり(電波)、電気の塔を生やしたりなど、何かと電気に縁がある。

ヨウスケ
本名「マギ ヨウスケ」。年経ることのない正義のヒーロー。
2度目の記憶操作以後ピーターマンとして活躍。
必殺技名が「ラヂヲガン」だったり、怪物と戦う際に横にラジオを置いたりしたりする理由は不明。
蒔田事件の際、ハルナにピーターマンを変装されている。
そのため、敗北時「姐さんは2代目(ヒーロー)」と言ったのかもしれない。
空からさいはてを見ることで、作り物という事実を突きつけられ続けた彼はさいはてのためというよりは仲間のため、結果的にさいはてを守ろうとしていたのかも。




紳士の昼食会
さいはての平和を守るマホウ使いの集団。
主にノイズやイリーガルメイジ狩りを行う。
場合によっては記憶操作や土地変化なんてのも行ってしまう。
さいはてを管理する立場にあるからか、さいはてに否定的な思想を持つ者もちらほらいる。

樋口
人事担当。それなりに地位が高い。
自称繊細な職人技を持つマホウ使いであるだけあって、マホウの腕は高い。
記憶操作やテレポート、儀式マホウを行える。
イヤなヤツと思いきや、実は昼食会が大嫌いな裏切り者。
後に除名、学園の科学部に入部。

タグチ
出世に燃えるマ剣士。そのため任務に忠実。
隕石戦後は作り物のさいはてを見てあんな反応を示したのかも?
スタッフロール時、川に流れていたが同時に半透明になってたりもしたので生死は不明。
と言っても生き返ることも可能なさいはての世界なのでなんとかなりそう。
元はヒノモト学生。

持田
主人公を引き入れたことによりクビにされた。
普段はハッピーエンドラボで物語とアイテムを交換してくれる。
既に引退しているが、昼食会結成以来最強だったらしい。
正体は奇人四天王の長月で、長月神社を管理している。
実は樋口とグルっていた。(キリコともグルってた)
元コーヒーテーブル騎士団?

ぐりぐら
末席。
場合によってはハルナの暴走によってスミクズにされたり、
最強級マホウ使い討伐に借り出されたりと損な役回り。

橋本
夢の世界でタグチとコンビを組んでた女性マ剣士。
実は戦場跡でもノイズと戦っていた。
タグチを失ったショックで灯台跡にたたずんでいるのを話かけるともれなく襲われる。

ゴメちゃん先輩
持田、樋口と共に主人公を迎えていたことを考えるとそれなりに地位は高い?

蒔田
夢を集めるマホウが使える。
1回目の襲撃はちゃんとしゃべってたけど2回目は偽者だと発覚。
結局何者だったのか不明。
①開拓者に殺された
②実は元々開拓者が作り出したスペル
③実は開拓者が変装していた
④実は普通に生きている




さいはての住人
いわゆる一般人はここにまとめてみました。

ファル彦
本名「ハヤブサ ファル彦」
重要なポジションではない、マホウが苦手なので地味にサポートするしかないがいないと困る。
15禁が見れないくらい若いがけっこう常識人。
信念をしっかり持って開拓者に叱咤激励したところはかっこよかった。

アレク輔
高校2年、購買部。マルサのボスとしてみんなを引っ張ってきたが徐々に出番が減っていく。
ガリバーの左腕戦ではせいぜい壁にしかならないところが悲しい。
マルサの由来は○にサ?

佐々原
科学力がなんかもうすさまじい。
終始主人公たちを適度にサポートした。

三馬鹿トリオ
男子2人女子1人というのは開拓者3名と重なるかも?
子供なのにものすごい戦闘力。



これで仮完成かな?
人物説明も混じっているのでややこしくなりましたね・・・。
明日はまた新しく記事作成+これの手直しになると思います。

時間ないのでひとまず新しい記事に入ります・・・orz
そういえばブログタイトルがプレイ日誌でもないのに全くひねってません。
タイトル考える力までナマるなんて!
スポンサーサイト
【2009/02/15 21:52 】
フリゲ | コメント(1)
<<直視できないくらい後悔したっていいじゃない | ホーム | さいHOS普通プレイ日誌 24日目>>
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2018/03/01 21:09】
| | #[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。